シッカロール使い方と注意点

シッカロールであせも&おむつかぶれ予防の注意点

シッカロールであせも&おむつかぶれを予防するときの注意点は?

シッカロールであせも&おむつかぶれ予防の注意点

 

べビーパウダーの中でも
日本で古くから使用されているシッカロール。

 

幼いときには、
お風呂上りに必ず付けてもらっていた方も多いと思います。

 

優しい香りが特徴ですね。

 

今でも赤ちゃんの
あせもやおむつかぶれの予防として
使用されることが多いようです。

 

 

けれど、
使用する際の注意点もあります。

 

 

ベビーパウダー(シッカロール)を使用する際の注意点

 

シッカロールであせも&おむつかぶれ予防の注意点

 

濡れている体に使用しない

 

 

濡れている肌に塗ってしまうと
粉がダマになってしまい汗腺を防ぐ可能性があります。

 

 

お風呂上りに使用する場合には、
よく体を拭きましょう。

 

 

 

粉が飛び散らないように

 

 

シッカロールは、
細かい粒子で出来ていますから、
空気中に飛び散らないように注意しましょう。

 

目に入って炎症を起こしたり、
大量に吸い込むことで喘息の原因になる場合もあります。

 

 

空気中に飛び散らないように
一旦、手に取ってそっとつけてあげましょう。

 

 

 

ベビーパウダーにはアスベストが含まれているって本当?

 

1987年に
ベビーパウダーの一部からアスベストの混入が認められました。

 

19製品中、5製品からアスベストが検出されたんです。

 

シッカロールからは、検出されていません。

 

 

その後は、アスベストの混入がないことを
確認するように義務付けられているので
その点については心配する必要はなさそうです。

 

 

 

ベビーパウダー(シッカロール)の使い方

 

お風呂上りやおむつ替えの後、
水分をしっかりふき取ってから使用します。

 

 

まずは、お母さんが少量を手に取ります。

 

そして、
あせもやおむつかぶれが
気になる箇所へそっとやさしくなでるように使用します。

 

 

肌に白く残らない程度に
薄く伸ばせばOKです。

 

厚塗りはしないようにしましょう。

 

 

シッカロールの使い方、注意点のまとめ

 

 

あせも、おむつかぶれを
予防するためには、
赤ちゃんのお肌を清潔に保つことが第一です。

 

 

シッカロールも
使用する際の注意点に気を付けて
上手に使えば、赤ちゃんのお肌をサラサラに保つことが出来そうです。

 

 

 

コチラの記事もおすすめです。
▽▽▽
『体験談』ベビーローションおすすめNO,1はコレ!!

 

関連ページ

赤ちゃんの顔に日焼け止めを使う時の注意点!
赤ちゃんの顔に日焼け止めを使う時の注意点はあるのでしょうか。赤ちゃんの顔に日焼け止めをつけるときに気をつけるべき注意点をまとめてみました。