赤ちゃんアトピーの原因、症状

赤ちゃんがアトピーになっちゃう原因は遺伝?乾燥?

赤ちゃんはどうしてアトピーになるの?原因は何?

赤ちゃんがアトピーになっちゃう原因は遺伝?乾燥?

 

赤ちゃんがアトピーになる原因は、
今のところ、はっきりと分かっていません。

 

遺伝的要因や生活環境、
赤ちゃんの肌の乾燥など
様々な原因が複雑にからんでアトピーになると考えられています。

 

 

赤ちゃんアトピーの原因の一つ「遺伝」

 

赤ちゃんがアトピーの場合、
赤ちゃんのパパかママが、
アトピーだという事がやはり多いです。

 

「遺伝」は、
アトピーの様々な原因のなかでも一番大きいといえます。

 

パパかママがアトピーだと
赤ちゃんがアトピーになる確率は、2倍です。

 

更に、
パパとママ、二人ともアトピーだと
赤ちゃんがアトピーになる確率は4倍にもなると言われています。

 

 

赤ちゃんアトピーの原因の一つ「乾燥」

 

国立成育医療研究センターが、

 

「新生児の時期から保湿剤を塗り続けることが、
アトピーの発症率を3割、減らすことが出来る」

 

という研究結果を発表しました。

 

つまり、
保湿をしていない乾燥した状態の
赤ちゃんのお肌は、アトピー性皮膚炎になりやすいという事です。

 

しかも、アトピーになると
肌のバリア機能が低下して
卵アレルギーの発症にもつながりやすいことがわかりました。

 

なので、アトピーと卵アレルギーは
密接な関係があるんです。

 

 

ダニやホコリもアトピーの原因(きっかけ)になる

 

ハウスダストやダニが
アトピーのきっかけになることがあります。

 

皮膚が薄くて、
バリア機能が低い赤ちゃんのお肌は、
ほこりやダニがきっかけになってアトピー肌になる場合があります。

 

 

 

 

 

パパやママがアトピーであっても
新生児からの保湿で
アトピーになる確率をさげることができます。

 

また、アトピーになっても
保湿がアトピーの症状を緩和してくれます。

 

赤ちゃんのお肌は薄くて
とてもデリケートですから、
こまめに保湿して肌機能が低下しないようにしてあげてください。

 

 

 

ちなみに私が赤ちゃんに使用している保湿剤はコレ>>>

関連ページ

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎ってどんな症状なの?
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは、どのような症状のことを指すのでしょうか。乳児湿疹との見分け方は?まとめましたので参考にしてください。