赤ちゃんアトピーの症状

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎ってどんな症状なの?

赤ちゃんの「アトピー」症状は?乳児湿疹とどう違うの?

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎ってどんな症状なの?

 

赤ちゃんのお肌にトラブルが出たら
「アトピーじゃないかしら?」と
心配になるお母さん、多いと思います。

 

 

自分の赤ちゃんの症状が
アトピーの症状なのか乳児湿疹なのか気になりますよね。

 

 

 

アトピーの症状

 

 

アトピーの症状が現れるのは、
ほとんどの場合が生後4カ月以降です。

 

 

耳の裏側、肘や足首、ひざなど
関節部分の皮膚が切れて
ジュクジュクになるのが特徴です。

 

顔や胸、首にも症状が出やすいです。

 

 

乳児湿疹との違い

 

 

アトピーと乳児湿疹を見分けるのは、
お医者さんでも難しいようです。

 

中には、生後1、2カ月のの湿疹を
即アトピーと診断して治療を開始する医師もいるようです。

 

 

乳児湿疹は、
ほとんどの赤ちゃんが経験する湿疹で
皮脂の分泌が多いことで起きます。

 

 

アトピーは、
アレルギーが原因で出る症状の総称で
良くなったり、ひどくなったりを繰り返すのが特徴です。

 

 

それから、かなりかゆみがあるのも特徴で
かきむしって、ますますジュクジュクした汁がでて
とびひになるケースもあります。

 

 

赤ちゃんアトピーは生後4カ月以降

 

 

赤ちゃんにアトピーの症状が現れるのは、
生後4カ月以降がほとんどです。

 

 

それまでの
ブツブツした湿疹は、
乳児性湿疹だと思っても良いでしょう。

 

 

まずは、自宅での
スキンケアを行ってみてください。

 

その際は、赤ちゃん専用の刺激が少ない
保湿クリームを使いましょう。

 

 

ただ、長期間繰り返すようなら、
病院を受診することをおすすめします。

 

 

アトピーの場合でも
乳児湿疹でも肌を清潔に保つことと
乾燥させないことが重要です。

 

しっかりと保湿をしてあげてくださいね。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ
▽▽▽
赤ちゃんのアトピーを綺麗にしたアロベビーの口コミって?

関連ページ

赤ちゃんがアトピーになっちゃう原因は遺伝?乾燥?
赤ちゃんのアトピーの原因は遺伝なのか、乾燥なのか調べてまとめています。