赤ちゃんの夜泣き原因と対策

【赤ちゃんの夜泣きの原因と対策】イライラしちゃうママへ

赤ちゃんの夜泣きの原因と対策

「やっと寝てくれたぁ〜。」

 

と思ったのもつかの間・・・。

 

 

【赤ちゃんの夜泣きの原因と対策】イライラしちゃうママへ

 

赤ちゃんが、号泣しだすと
「はぁあ〜〜〜」っと
深いため息ついちゃうママ多いと思います。

 

夜泣きが、続くと
本当に辛いですよね。
その気持ち・・わかります。

 

 

ママも睡眠不足で
ストレスが溜まってしまいます・・・。

 

頑張っても、頑張っても
寝てくれないとイライラしてしまいます。

 

 

そこで、夜泣きに困っているママ達の為に
赤ちゃんの夜泣きの原因と対策を
まとめました。

 

赤ちゃんの夜泣き改善のために
対策方法を試してみてください。

 

あなたの赤ちゃんに
ぴったりの対策があるかもしれませんよ。

 

 

そもそも「夜泣き」って??

 

 

夜泣きは、
病気などの原因がないのに、
夜中に急に号泣することです。

 

 

だから、授乳やおむつ替えで
泣き止むのは、夜泣きとは呼ばないんです。

 

 

つまり、

 

授乳したり、おむつを替えたりして、
不快な原因を取り除いても
大泣きしてる状態が 「夜泣き」なんですよね。

 

 

どうやれば、泣き止むのか
わからないから、辛いんですよね(*_*;

 

 

ちょっと、待って!!それって、夜泣き??

 

 

実は、赤ちゃんの寝言を
夜泣きと勘違いしているママもいます。

 

睡眠のサイクルで浅い眠りの時に
寝返りをうったり、
手足をバタバタしながら泣くことありますよね。

 

もしかしたら、
それは、夜泣きじゃなくて、
寝言かもしれません。

 

ママは、赤ちゃんがちょっとでも
泣くと、パッと目が覚めて

 

「抱っこ??おっぱい??」
とお世話したくなるんですが、

 

寝言の場合は、
2、3分で自然とまた寝付いてくれます。

 

ただの寝言だったのに、
ママが先回りして、
抱っこしたり、おっぱいをあげたり・・・

 

ママが、逆に赤ちゃんを
起こしてしまっているかもしれません。

 

 

「近所迷惑になるかも!」

 

「旦那さんを起こしてしまうかも!!」

 

と赤ちゃんが泣いた途端に慌てるより、

 

「これ、寝言かな?」と
一旦、観察してみると良いかもしれませんよ。

 

2、3分くらい寝言で泣いて、
自分で寝てくれるなら、ラッキー♪ですよね。

 

 

 

どうして夜泣きするの?原因は何??

 

夜泣きの原因の一つに

 

『赤ちゃんが体のリズムをつくることが
まだ出来ていない。』

 

という事があげられます。

 

睡眠のリズムがつかめずに
体内時計がくるってしまうことで
夜泣きをしてしまうんです。

 

また、昼間の刺激や興奮が
夜中、夢に出てくるのではないか、
とも考えられています。

 

それから、
乾燥による「かゆみ」が原因で
かゆくて深く眠れない赤ちゃんもいます。

 

寝ながら、かきむしっている場所がないか
よく見てあげてください。

 

 

じゃあ、夜泣きをしない為の対策は??

 

 

では、赤ちゃんが夜泣きをしないよう
実践できる対策はあるのでしょうか。

 

以下の対策を是非、試してみてください。

 

 

『夜泣き対策は、ずばり早寝、早起き!』

 

赤ちゃんの生活リズムを整えることが大切です。

 

朝は、6時ごろに起こす
(遅くても7時までに起こす)

 

その際は、カーテンを開けて、
太陽の光を取り入れましょう。

 

 

夜、寝る前30分は、
TVを消して(携帯・スマホも)
ママと赤ちゃんでリラックスタイムをつくります。

 

部屋の明かりは消して、
20時ごろまでに寝かしつけます。

 

お肌がかゆくて、
起きてしまう赤ちゃんは、
お肌が乾燥している可能性が高いです。

 

毎日の保湿をたっぷり
しっかりしてあげてください。

 

下記のページに、乾燥性湿疹についてまとめています。
参考にされてください。
▽▽▽
「乳児乾燥性湿疹」のケアの仕方

 

 

 

やらないほうが良い事

 

・刺激の強いTVなど見せること

 

 怖い映像などみると夜中に怖い夢をみるかもしれません。

 

 

・寝かしつける為にドライブに出かけること

 

 夜泣き対策にドライブすると、ママが大変です。
 それに夜中、赤ちゃんが光を浴びる事で
 体内時計がくるってしまいます。

 

 

・お腹がすいてないのに、授乳すること

 

 離乳食も始めていて、
 夜中の授乳が必要ないなら
 泣き止ませるために授乳しない方が良いです。

 

 『おっぱいをくわえていないと寝れない赤ちゃん』
 になってしまうと、後々ママも赤ちゃんも大変になります。

 

 

やってあげると良い事

 

・昼間のお散歩

 

 昼間はお散歩にでて、
 太陽の光を浴びて活動的に過ごすと良いでしょう。

 

 

・ベビーマッサージ

 

 お風呂あがりや寝る前に
 ゆったりした気持ちでマッサージをしてあげると
 赤ちゃんもママもリラックスできます。

 

 

・寝る前30分のリラックスタイム

 

 ゆったりした気持ちで授乳したり、
 ママが、今日一日の出来事を
 赤ちゃんに語りかけたり、

 

 ゆっくりした口調で
 絵本を読んであげたりすると良いでしょう。

 

 

・寝るときには、部屋の明かりは消して

 

 たまに、部屋が明るいままで
 寝る方もいらっしゃいます。

 

 でも、赤ちゃんの体内時計の為に
 寝る時間になったら部屋の明かりは消してあげましょう。

 

 

赤ちゃん夜泣きのまとめ

 

赤ちゃんの夜泣きがひどいと
本当に大変ですよね・・。

 

泣きたくなることもあると思います。
だって、眠れないって辛いもの・・・!

 

 

良かったら、上記の夜泣きの対策を
明日から試してみませんか?

 

明日の朝、赤ちゃんを6時に起こして
昼間は、ベビーカーでお散歩に行きませんか?
(雨じゃなければ、ですけど(^^))

 

 

それから、
夜のベビーマッサージもおススメです。

 

赤ちゃんをマッサージした後、
ママは、自分の肩を揉んだり、
ふくらはぎや足の裏をマッサージすると良いですよ(*´ω`*)

 

 

簡単なベビーマッサージの仕方を
まとめています。良かったら
下記のページから読んでください。
▽▽▽
忙しいママでも出来る簡単ベビーマッサージ

 

 

こちらの記事もおすすめです。
▽▽▽
「体験談」おすすめのベビーローションはこれ♪

 

 

 

私が赤ちゃんに使用している
保湿剤は、アロベビーミルクローションです。

 

アロべビーミルクローションの口コミに
赤ちゃんの夜泣きがおさまったという
ママの感想が載っていました。

 

保湿で夜泣きが治まることがあるんだなぁと思ったので紹介しますね。

 

 

 

娘の乳児湿疹がひどく、
ステロイドにも頼りたくなかったので、
口コミで人気だったこちらを注文しました!!

 

香りも、程よい柑橘系で
延びもよく塗り初めてからみるみるうちに良くなりました!

 

今1ヶ月ほど使用していますが
ツルツルで乳児湿疹だったあの頃がウソみたいに綺麗になりました。

 

おかげで、痒みもなくなったせいか夜泣きもなくなりました。
ありがとうございます!

 

いろいろ夜泣き対策をしても
泣き止まない時には、
お肌が乾燥や湿疹でかゆくないかチェックすると良いかもしれませんね。

 

 

 

アロベビーミルクローションの
公式サイトはコチラからご覧ください。
乳児湿疹の赤ちゃんの使用前使用後の写真が載っています。
▽▽▽

関連ページ

忙しいママでも出来る『簡単ベビーマッサージ』のやり方とは?
忙しいママでも出来る簡単なベビーマッサージを紹介しています。赤ちゃんとのスキンシップの時間を大事にして育児を楽しんじゃいましょう。
赤ちゃんとおしゃべり『ベビーサイン』とは?
赤ちゃんとおしゃべりするようにコミュニケーションがとれるベビーサイン。そのやり方やポイントをまとめてみました。
赤ちゃんの日光浴はいつから?外気浴との違いは?
赤ちゃんの日光浴はいつからさせた方が良いのでしょうか。そもそも赤ちゃんに日光浴は必要なのでしょうか。赤ちゃんの日光浴はいつからなのかまとまてみました。