ベビーサインとは?

赤ちゃんとおしゃべりができるようになる?ベビーサインって何?

赤ちゃんに『ベビーサイン』って、いつからどんな風に教えるの?

赤ちゃんとおしゃべりができるようになる?ベビーサインって何?

 

ベビーサインという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

 

ベビーサインは、手話やジェスチャーを使って
赤ちゃんとコミュニケーションをとる育児法です。

 

 

私は、「ベビーサイン」という言葉を
最近まで知りませんでした(^^)

 

 

長男が赤ちゃんの時には、
ベビーサインの事を知らなかったので、
今、次男の育児に取り入れるようにしています。

 

 

いつから、どうやって教え始めるの?

 

 

赤ちゃんが、声を使って
お話しするのはとっても難しいことです。

 

 

けれど、手や指は声を出す事より
早くから自由に動かせるようになってきます。

 

 

そこで、ベビーサインを教えると、
赤ちゃんとコミュニケーションが取れるようになるんです。

 

 

いつから?

 

ベビーサインを教える時期は、
赤ちゃんによって個人差があります。

 

 

お座りが出来るようになって、
物を指さしたりするようになったら、
教え始めるのに良い時期といえるでしょう。

 

また、歩き出すころには、
ベビーサインの覚えが早いようです。

 

 

どうやって教えるの?

 

 

いつものように
赤ちゃんに話しかける中で
ジェスチャーを取り入れるだけです。

 

語りかけながら、

 

「お手てで表現するならこうだよ。」

 

という気持ちで取り入れていくと
赤ちゃんは次第にベビーサインを理解していきます。

 

 

例えば、どんなベビーサインがあるの?

 

抱っこ

 

両手をひろげて、前に出します。

 

「抱っこ?」「抱っこしようか?」など
声をかけながらサインを出します。


 
 

おっぱい

 

片手をゆっくりグー、パーと繰り返します。

 

 

「おっぱい飲もうか?」「ミルク飲もうね。」と
声をかけながらサインを見せます。


 
 

おむつ

 

下腹部を軽くポンポンとたたきます。

 

「おむつ、変えようね。」「おむつ、綺麗にしようね。」など、
赤ちゃんに話しかけながらおむつを交換します。


 
 

ねんね

 

両手の手をあわせて、片方のほっぺたに枕のようにつけます。

 

赤ちゃんが眠そうな時
「ねんねしようか。」「一緒にねよう。」と
これから、寝るよというサインを送ってあげます。


 
 

ありがとう

 

片手を口にあててから、前へ出します。(投げキスのような感じ)

 

「ありがとう」と言いながらサインを出します。


 

 

ベビーサインを教えるときのポイント

 

 

赤ちゃんに教える・・・というと

 

頑張り屋さんのママは、
プレッシャーになってしまう場合があるかもしれませんね。

 

 

でも、ベビーサインは
普段コミュニケーションをする中で
取り入れれば良いものです。

 

 

今から教えるぞ!と
構える必要もありませんし、

 

覚えてくれない・・・
なんてガッカリする必要は全くありません。

 

 

 

ベビーサインを教えるときのポイントは、
ママが笑顔でサインを出す事です。

 

 

ママが楽しそうなら、
赤ちゃんも楽しくなります♪

 

 

あくまで、
赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しむための
手段だということを忘れないでくださいね。

 

それから、
ベビーサインを出すときは、
『声をかけながら』も大事なポイントです。

 

赤ちゃんは、
言葉も同時に覚えてるので、
いっぱいおしゃべりしてあげてくださいね(^^)

 

 

ちなみに、私の赤ちゃんは、
抱っこ〜ってサインが好きみたいです。

 

 

コチラの記事もおすすめです。
▽▽▽
アロベビーミルクローションを実際に使用した体験談

関連ページ

忙しいママでも出来る『簡単ベビーマッサージ』のやり方とは?
忙しいママでも出来る簡単なベビーマッサージを紹介しています。赤ちゃんとのスキンシップの時間を大事にして育児を楽しんじゃいましょう。
【赤ちゃんの夜泣きの原因と対策】イライラしちゃうママへ
赤ちゃんの夜泣き・・・。連日続くと、本当に辛いですよね。ママも眠くて眠くてストレスが溜まりイライラしてしまいます。そんなママへ「赤ちゃんの夜泣きの原因と対策」をお伝えします。
赤ちゃんの日光浴はいつから?外気浴との違いは?
赤ちゃんの日光浴はいつからさせた方が良いのでしょうか。そもそも赤ちゃんに日光浴は必要なのでしょうか。赤ちゃんの日光浴はいつからなのかまとまてみました。