赤ちゃん頭皮のフケとかさぶた・原因と対策

赤ちゃんの頭皮にフケ!かさぶた!!原因と対策とは?

赤ちゃんの頭皮にフケ?かさぶた?湿疹?

赤ちゃんの頭皮にフケ!かさぶた!!原因と対策とは?

 

赤ちゃんの頭皮にフケやかさぶたのようなのが
くっついていると、心配になりますよね・・・。

 

 

「どうして、私の赤ちゃんの頭に?」

 

「これって無理にとっていいの・・?」

 

「どんな風に対処したらいいの?」

 

 

迷っているママ達、多いと思います。

 

 

そこで、
赤ちゃんの頭皮の「フケ」と「かさぶた」の
原因と対策をまとめました。

 

 

良かったら、参考にしてくださいね。

 

 

赤ちゃんの『フケのようなモノ』原因は2種類

 

 

赤ちゃんの頭に
フケのようなモノがあったら、
以下の2つの原因が考えられます。

 

 

乳児脂漏性湿疹

 

 

まずは、『乳児脂漏性湿疹』です。
(にゅうじしろうせいしっしん)

 

生後2週間から4カ月頃までに
発症しやすい乳児湿疹です。

 

ホルモンバランスの影響で
皮脂がたくさん出て頭皮の毛穴を塞いで
湿疹ができてしまうのです。

 

特徴は、

 

黄色いようなクリーム色の
『かさぶたみたいなもの』と
『フケみたいなもの』ができることです。

 

頭だけでなく
おでこやほっぺたに出来ることもあります。

 

ほとんどが、首から上の症状で
あまり、かゆくないのも特徴です。

 

 

乳児乾燥性湿疹

 

もう一つが、
『乳児乾燥性湿疹』です。

 

こちらは、
皮脂が大量に分泌される時期を過ぎた
4カ月以降に起こりやすい湿疹です。

 

 

名前の通り、
赤ちゃんの皮膚が乾燥してしまう事で症状がでます。

 

頭皮が乾燥することで、
フケのようなモノがでてしまいます。

 

頭だけでなく、
体全体に症状は現れます。

 

乾燥により、皮膚の角質がはがれて
ガサガサしたりひび割れが起こることもあります。

 

冬の乾燥した時期には
特に気をつけてあげましょう。

 

 

 

赤ちゃん頭皮の『フケ』『かさぶた』対策は?

 

 

赤ちゃんの頭皮に出来た
『フケみたいなの』と『かさぶたみたいなもの』・・・

 

どの様に対策すればよいのでしょうか。

 

対策の仕方も『乳児脂漏性湿疹』と
『乳児乾燥性湿疹』にわけて説明しますね。

 

 

乳児脂漏性湿疹のフケとかさぶた対策

 

乳児脂漏性湿疹の原因は、
『ホルモンによる皮脂の分泌が多い事』

 

ですから、生後4カ月を過ぎると
落ち着いてきます。

 

それまでの対策としては、
清潔にすることと保湿です。

 

 

頭は、刺激の少ない
赤ちゃん用のシャンプーや
石鹸の泡でよく洗います。

 

但し、泡を使って優しく丁寧に
洗ってあげてくださいね。

 

そして、すすぎは、しっかりと。

 

 

かさぶたが、こびりついている場合には、
入浴前にオイルやワセリンを塗っておき
かさぶたを柔らかくしておくと取れやすくなります。

 

だけど!
洗っても取れないものを
無理やり、はがす事はしないようにしましょう。

 

また、強くこするのも厳禁です。

 

赤ちゃんの頭皮に傷をつける可能性があるので
優しくそっと洗ってあげてくださいね。

 

かさぶたみたいなのは、
無理にはがさなくても
自然に取れる日がきます。大丈夫ですよ。

 

 

また、毎日の入浴で清潔になった後は、
頭皮にも保湿をしてあげてくださいね。

 

ベビーローションのように
柔らかい保湿剤を塗ってあげると
髪の毛がある頭皮でも塗りやすいです。

 

髪をかき分けて、
人差し指の先で優しく塗ってあげてください。

 

乳児脂漏性湿疹について
もっと詳しく知りたい方は、下記のページもご覧ください。
▽▽▽
乳児脂漏性湿疹のケアの仕方

 

 

乳児乾燥性湿疹の『フケ』対策

 

乳児乾燥性湿疹で
一番重要になってくるのは、
赤ちゃんへの保湿です。

 

乾燥が原因の湿疹で
頭皮にフケがでていますので、
しっかりと保湿をしてあげましょう。

 

頭への保湿は、
乳児脂漏性湿疹と同じく
ローションタイプの保湿剤が塗りやすいです。

 

 

もちろん、
入浴して清潔を保つことも大切です。

 

 

乾燥の湿疹の場合には、
かゆみがでることが多いです。

 

ですから、頭や体をひっかいて傷ができないように
赤ちゃんの爪は丸く切りそろえてあげましょう。

 

ひっかいて症状が悪化しないように
保湿で早めの対処をしてあげてくださいね。

 

 

赤ちゃんの頭皮のフケとかさぶた・まとめ

 

 

赤ちゃんの頭皮の
フケのようなモノとかさぶたのようなモノ・・・、
気が付いたら早めに対策してあげてください。

 

 

乳児脂漏性湿疹も乳児乾燥性湿疹も
基本は同じです。

 

『赤ちゃんを清潔に保ち、
保湿をしっかりしてあげること。』

 

 

但し、

 

『ジュクジュク汁がでる』
『赤くただれている』などの重い症状の時には
早めに病院を受診してくださいね。

 

 

それから、くれぐれも
かさぶたを無理やり、はがさないでください。

 

気になるけれど・・
無理にはがさなくても大丈夫です!

 

毎日の入浴と保湿で
綺麗に取れる日がきますから(^^)

 

 

 

こちらの記事もおすすめ
▽▽▽
アロベビーミルクローションを使った感想

 

 

関連ページ

新生児ニキビの原因とスキンケアの仕方
赤ちゃんの顔にブツブツ・・・!!『新生児ニキビ』について原因や治し方、スキンケアの仕方などまとめてます。
赤ちゃんの湿疹の種類と原因、特徴とは?
赤ちゃんの湿疹「乳児湿疹」には、さまざまな種類があります。ここでは、代表的な赤ちゃんの湿疹5種類の原因と特徴をまとめています。
赤ちゃんの肌トラブル!【とびひ】の原因と治療の方法は?
赤ちゃんの肌トラブルから悪化して『とびひ』になってしまったら、早めの対策が必要です。とびひの原因と治療の方法をまとめました。
【赤ちゃんのおしりが赤い!】おむつかぶれの原因と対策
赤ちゃんのお尻が赤くなっていたら、それは『おむつかぶれ』かも!おむつかぶれの原因と対策を知り、早く治してあげましょう。
赤ちゃんの口周りが真っ赤【よだれかぶれ】原因とケア方法!
赤ちゃんのよだれで、首や口のまわりが真っ赤にかぶれてしまう【よだれかぶれ】原因とケア方法をまとめています。参考にしてください。
【赤ちゃんの乾燥肌】カサカサの原因と改善方法とは?
赤ちゃんの肌が乾燥していたら、早めに対策してあげましょう。赤ちゃん肌の乾燥の原因と改善方法をまとめています。