乳児湿疹『あせも』のケアの仕方

乳児の湿疹・・・『あせも』のケアの仕方

乳児の湿疹・・・『あせも』のケアの仕方

乳児の湿疹・・・『あせも』のケアの仕方

 

汗疹(あせも)は、
汗っかきの赤ちゃんによくみられる症状です。

 

夏の時期には、
ほとんどの赤ちゃんが
経験するのではないでしょうか。

 

あせもの原因は・・汗です。

 

汗が長時間、皮膚に溜まることで
表皮ブドウ菌が増殖し炎症するのが『あせも』なんです。

 

ですから、蒸れやすいお尻や腰、頭、

 

皮膚が重なっている首や腕など
汗をかきやすくて溜まりやすい部分に起こりやすいのが特徴です。

 

 

そして、『あせも』は、
かゆみと痛みを伴っています。

 

だから、赤ちゃんが、引っかいて
あせもの範囲が広がることがよくあります。

 

赤ちゃんがかゆがっていると、
本当に可哀想ですよね・・・。

 

その上、適切なケアをしなければ、
悪化して『とびひ』になってしまう事があります!

 

あせもを悪化させて『とびひ』にしない為に
適切なケアを行いましょう。

 

 

 

『あせも(汗疹)』を改善させるケア方法

 

あせもの原因は、汗ですから、
汗をそのままにしない事が大切です。

 

暑い時期には、
室内の温度と湿度を快適に保ちましょう。

 

エアコンをつけて、
赤ちゃんが、汗をかきすぎない環境を作ってあげましょう。

 

また、衣類も着せすぎは禁物です。
大人よりも一枚少ない位がちょうど良いでしょう。

 

汗をかいた時には、
こまめに着替えさせてあげましょう。

 

おむつも蒸れやすいですから、
おしっこをしたら、まめに交換することも
あせもの改善に効果的です。

 

 

毎日の入浴では、
よく洗って清潔にしてあげてください。

 

そして、入浴後には
全身に保湿をしてくださいね。

 

 

それから、
あせもは、かゆみを伴っているので
赤ちゃんはかゆくて、ひっかいてしまいます。

 

赤ちゃんの手には、ミトンをつけたり、
爪を丸く切るなどして、
悪化しないよう注意してあげてください。

 

 

 

 

赤ちゃんの湿疹『あせも』のまとめ

 

・汗をかいたら、着替えさせる。

 

・マメにタオルで汗を拭く。
(擦らないように)

 

・おむつの交換もマメにする。

 

・室温、湿度に気をつける。

 

・洋服を着せすぎない。

 

・爪を丸く切る

 

・ミトンをつける

 

 

少しのあせもだからと
ケアを怠ると『とびひ』になってしまう
可能性があります。

 

たかが、あせも・・・と
思わずにケアをしてあげてくださいね。

 

 

もしも、
とびひになった場合には、
すぐに病院を受診するようにしてください。

 

 

『とびひ』については、
下記のページに詳しくまとめています。
良かったら参考にしてください。
▽▽▽
赤ちゃんの肌トラブル【とびひ】の原因と治療の方法は?

関連ページ

乳児の湿疹・・・『乳児脂漏性湿疹』のケアの仕方
乳児湿疹のケアの仕方@『乳児脂漏性湿疹』を改善させるケアの仕方をまとめています。
乳児の湿疹・・・『新生児ニキビ』のケアの仕方
乳児湿疹のケアの仕方A『新生児ニキビ』を改善させるケアの仕方をまとめています。
乳児の湿疹・・・『アトピー性皮膚炎』のケアの仕方
乳児湿疹のケアの仕方C『アトピー性皮膚炎』を改善させるケアの仕方をまとめています。
乳児の湿疹・・・『食物アレルギーによる湿疹』のケアの仕方
乳児湿疹のケアの仕方D『食物アレルギーによる湿疹』を改善させるケアの仕方をまとめています。
乳児の湿疹・・・『乳児乾燥性湿疹』のケアの仕方
乳児湿疹のケアの仕方E『乳児乾燥性湿疹』を改善させるケアの仕方をまとめています。